やることなすことすべてが裏目

やることなすことすべてが裏目に出るときはあるが、いずれ表目になる。
時として、裏目が続けて出ることがある。

あなたの潜在意識が選んでしまうのだ。

そんな時は過ぎ去るまであきらめて待とう。

必ず表目に成る時が来る。


じたばたせずに待つより他にないし、それが被害を一番小さくする方法なのだ。

表目が出るようになったら一気に攻勢をかけて今までの遅れを取り戻そう。
 
google検索用語例
裏目 解決 表目に転じる
 
posted by 大明堂 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとこと

私の意志、決断は

私の意志、決断は直面するどんな問題よりも強靭である。/strong>
これから直面するであろうどんな問題にも、私の意志は負けることはない。

これから起こりうるどんな事態にも私は迷わず決断を下すことができる。


私の精神は強靭で、どんな問題にも的確に対処することができる。

google検索用語例
意思 決断 問題解決能力 対処
 
posted by 大明堂 at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 習慣

やればできる脳力があるのにできないのは

やればできる脳力があるのにできないのは目標が明確ではなく鮮明ではないからだ。

あなたの目標はなんだろうか。

目標に向かって確実に進んでいるだろうか。

もし前進していないようだったら目標達成されたときのことを想像してみよう。


いつ、どの場所で、周りに誰がいるか。できるだけ鮮明にイメージしてみよう。


目標達成されるまで何度も何度もイメージしてみよう。

google検索用語例
目標 イメージ 想像 鮮明
 
posted by 大明堂 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考法

生きる目的を絞れば絞るほど

どう生きるか。生きる目的を絞れば絞るほど、人生には深みが出てくる。
あなたは何のために生きるのか。

生きる目的を絞り、真剣に最高を目指せば人生に深みが増す。

広く浅く、ではなく狭く深く。


それをたくさん持とう。

google検索用語例
人生 目的 絞る 深く
 
posted by 大明堂 at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 習慣

どうしても気が進まないときは

どうしても気が進まないときは頭は働かせるな。手足のみ働かせよ。
なにかをやるにあたって、どうしても気が進まない時だってあるだろう。

頭が嫌がっているのだから、そんなときは無理をする必要はない。

潜在意識がなにかを感じているのだ。


気分転換も兼ねて深く考えずに体を働かそう。

そのうちに頭が働き出す。

休憩をしっかりとった後には、今までよりもずっといい仕事ができるものだ。

google検索用語例
気分転換 運動 休憩 仕事
 
posted by 大明堂 at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 行動

今日は今までやったことのないこと

今日は今までやったことのないこと、やってみたかったことを実行してみよう。
人間はどうしても保守的になってしまう。

経験に頼って新しいことに挑戦しなくなるのだ。


ほんの些細なことでいい。

いつもと違う道を通ってみる。
初めての店に入ってみる。
知らない分野の本を読んでみる。


それはあなたにとって大きな経験となり、刺激となるだろう。

google検索用語例
実行 経験 刺激 初めて 
 
posted by 大明堂 at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 行動

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。